ホワイトニングの歯磨きも力まず丁寧さが必要に

ちょっと歯の黄ばみを治したいという程度のホワイトニングで、市販のホワイトニング歯磨き粉に切り替え歯磨きを行うという人が増えています。それだけ現在のホワイトニング歯磨き粉のラインナップが充実してきているという事なのでしょう。ただどんなに高級なホワイトニング歯磨き粉を利用していても、中々その効果が現れない、という人がいます。

特に悩みがちなのが、歯の表面でもオープンな部分では無く、歯と歯の隙間や根本部分といった、ちょっと込み入った部分の黄ばみが取れ難いというケース。これはホワイトニングに取り組んでいる本人のブラッシング方法に問題があるケースが結構多いのです。

ホワイトニングを入念に行おうと、ついつい力んでブラッシングを行ってしまうと、返ってブラシの先端が歯の隙間や根本の歯周ポケットの内部にまで上手く入っていかず、中途半端な磨き具合となってしまいます。これでは歯磨き粉のホワイトニング効果も十分に与えられませんし、磨き残しが生じる事により、逆に歯周病や虫歯の遠因となってしまうのです。

ホワイトニングだからと決して力まず、軽めに歯ブラシを握り、歯の表面で細かくブラシを振動させる事が大事。それにより次第にブラシの先端が上記の隙間に綺麗に入り込み、十分なホワイトニング効果を伝えられる様になるのです。

またオープンな部分に対してもブラッシングを加減する事により、エナメル質が過度に削られてしまう事も避けられ、やがて自然な白さへと仕上がってゆくものなのです。

ホームホワイトニングジェルのおすすめ紹介!白い歯になろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です