お笑い芸人の生存戦略について昔との今の比較

毎年誰かしらお笑い芸人がブレイクしますが、その裏で日の目を見ない芸人はたくさん存在しています。

私は単純に視聴者としてお笑いが好きですが、それ以上にお笑い論が好きです。大きな賞レースがあると、作家やライターの人が考察をSNSにアップするのが楽しみで仕方ないです。

さて、そんなお笑い芸人を取り巻く環境も文明の進歩と共に大きく変わっています。例えば、SNSがこの世に生まれる前に売れてもう安泰な芸人は、リスクの方が高いのであえてやらなくてもいいと思います。

ですが、まだ売れてない芸人が最低限やるべきことは、メジャーなSNSのアカウントとブログを作成し、持ちネタをすべてYouTubeにアップし、ニコニコ動画で配信を行うことです。

いつどこで誰が見ているかわからない社会というのは一般人には怖くても、夢を追うエンタメ業界の若者にはメリットです。ただ、劇場で受けるネタと小さな画面で受けるネタは違います。それを作り分けられたら最高ですが、とにかく自分に合ったスタイルを模索するという意味でも、やれることは全部やるべきです。

今年も賞レース決勝が近づいてきました。ハイボールやおつまみを片手にもって楽しみたいと思います。

バンビウィンク 副作用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です