出来てしまったら、最小限に!

私自身、ニキビが出来てしまうと…とても悪い癖なのですが、触ってしまう所があって、一時期ニキビが悪化してしまい、治りも遅いし、最初は白ニキビだったはずが段々と赤ニキビになってしまい、治療の為に皮膚科に通った事があるのです。

まず、常識的に出来てしまったニキビに触ってしまうのは絶対タブーなんですよね。
病院でも言われましたし、知識的に知ってはいたのですが、ストレスが溜まった時とか顎の当りを触ってしまうのがニキビが出来てる時には余計に気に掛けなければいけなかったんです。
そして、早く治したくて、ニキビがぷっくらしていると、どうしても気になって軽く押し出してしまったりもしてしまった…という、ダメな事尽くしな私でもありました。
だから、余計に治るまでの日にちが遠退くんですよね。

そんなせいで、皮膚科に頼ったと共に生活習慣も見直しました。
まず、食べ物なのですが、チョコレートなどのついつい職場で小腹が空くと口にしてしまっていた甘いものを控えるようにし、セットで飲んでいたコーヒーも控えました。
お酒や、油もの、皮膚科で先生から言われたものは治るまでは頑張って抑えました。
ストレスは逆効果なので、まるっきり止めた、というわけではありません。

そして、洗顔の手順なんかも教えてもらったので、蒸しタオルを顔に当てて数分置いてから、無添加石鹸で洗顔をするようにして、今までは水洗顔が正しいと思っていたのですが、ぬるま湯洗顔に変更しました。
そして、私の場合は顎ニキビだったのですが、額とかにニキビが出来てしまった場合は前髪がそこに触れるのって、想像以上に宜しくはないようなので、そんな豆知識も載せておきますね。

ニキビにも段階があって、正常な皮脂線に汚れが詰まると、まず白いニキビ(初期タイプ)が現れて、それが悪化すると炎症した為に赤ニキビ(進行タイプ)となってしまうのだそうです。
赤ニキビって、なってしまうと目立ちますし、触れてしまうと痛かったりもしますよね?
そして、赤ニキビになってしまうと、最終的にニキビ痕が残ってしまう事もあるそうなのです。

幸い、痕にはなりませんでしたが、そうなってからでは遅いと思いますし、もうどうしようもないので、後悔をしてしまう結果になる前に、最小限に防ぐ事って本当に大事だなと思います。
化粧をする時も、本当はしない事が一番なのですが、そういうわけにもいきませんよね?
最低限の心がけとして、油分系(リキッドタイプ)よりもパウダータイプだったり、なるべく毛穴を塞がないようにする事が大事だそうです。

クレーター 化粧水 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です